Opensourcetechブログ

オープンソース技研によるLinux・オープンソース・IT技術などに関するブログです。

man pageのリダイレクトに含まれる「バックスペース」を出力しない (colコマンドの使用)

 

こんにちは、オープンソース技術 開発研究所鯨井貴博です音譜

f:id:opensourcetech:20160525183300j:plain

「 man gfs2 > gfs2_man_page」と実施してマニュアルを見てみようと思ったのですが、なんか出力が変です。

f:id:opensourcetech:20170618100854p:plain

文字が重複してやがる。

 

調べてみると、リダイレクト時にバックスペースが出力されているとのこと。

 

そして、その排除方法としては col コマンドを使えばいいとのこと。

-bオプションでいけそうです。

f:id:opensourcetech:20170618101142p:plain

 

なので、早速使ってみます。

man gfs2 | col -b > gfs2_man_page2

 

f:id:opensourcetech:20170618101303p:plain

 

これで見やすくなりました。

colコマンド、恐るべしです。

 

 

オープンソース技術 開発研究所

f:id:opensourcetech:20160525183300j:plain

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

OpenDaylight 環境を構築してみる。(実は、結構簡単だったw)

 

こんにちは、オープンソース技術 開発研究所鯨井貴博です音譜

f:id:opensourcetech:20160525183300j:plain

 

今回は、今月開催されたOpen Source Summit Japan2017でボランティアをした際に担当した 「OpenDaylight as a Platform for Network Programmability - Charles Eckel, Cisco Devnet」に触発されたので、OpenDaylightを構築してみようと思います。

 

なお、OpenDaylightとは、OpensourceのSDNコントローラーです。

The OpenDaylight Platform | OpenDaylight

 

 

導入手順は、「Charles Eckelさん」の資料の通りに進めてみました。

http://schd.ws/hosted_files/ossjapan2017/47/OpenDaylight-Network-Programmability.pdf

 

作業は、Ubuntu16.04で実施してます。

 

手順は、以下の通り。

https://www.opendaylight.org/downloadsからCarbonをダウンロードします。(wgetとか、curlでいいでしょう)

②unzip distribution-karaf-0.6.0-Carbon.zip

③cd distribution-karaf-0.6.0-Carbon/

④./bin/karaf

 

すると、以下のOpenDaylightが起動します!

f:id:opensourcetech:20170618093822p:plain

 

あとは、以下のコマンドなどを使用して必要な機能を入れていけば、構築完了!

feature:list -i
feature:list
feature:install odl-dlux-core odl-dluxapps-nodes odl-dluxapps-topology odl-dluxapps-yangui

 

思ってたよりずっと簡単ですな。

 

 

オープンソース技術 開発研究所

f:id:opensourcetech:20160525183300j:plain

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

nginx mainline 1.13.1 リリース!

 

こんにちは、オープンソース技術 開発研究所鯨井貴博です音譜

f:id:opensourcetech:20160525183300j:plain

 nginx mainline の新バージョン 1.13.1がリリースされました!

http://nginx.org/

f:id:opensourcetech:20170601183728p:plain

 

変更履歴は、以下のとおりです。

hanges with nginx 1.13.1                                        30 May 2017

    *) Feature: now a hostname can be used as the "set_real_ip_from"
       directive parameter.

    *) Feature: vim syntax highlighting scripts improvements.

    *) Feature: the "worker_cpu_affinity" directive now works on DragonFly
       BSD.
       Thanks to Sepherosa Ziehau.

    *) Bugfix: SSL renegotiation on backend connections did not work when
       using OpenSSL before 1.1.0.

    *) Workaround: nginx could not be built with Oracle Developer Studio
       12.5.

    *) Workaround: now cache manager ignores long locked cache entries when
       cleaning cache based on the "max_size" parameter.

    *) Bugfix: client SSL connections were immediately closed if deferred
       accept and the "proxy_protocol" parameter of the "listen" directive
       were used.

    *) Bugfix: in the "proxy_cache_background_update" directive.

    *) Workaround: now the "tcp_nodelay" directive sets the TCP_NODELAY
       option before an SSL handshake.

 

From http://nginx.org/en/CHANGES

 

 

 

オープンソース技術 開発研究所

f:id:opensourcetech:20160525183300j:plain

www.youtube.com

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

Opensourcetech by Takahiro Kujirai