Opensourcetechブログ(ZeusITCamp裏BLOG)

オープンソース技術 開発研究所による主にオープンソースに関するブログです。

nginx 1.7.3 ソースパッケージインストール手順 on CentOS7 (on virtualbox)

 

こんにちは、オープンソース技術 開発研究所鯨井貴博です音譜

 

 

本日は、

Nginxの最新版1.7.3をCentOS7へソースパッケージインストールしてみようと思います。

 

なお、CentOS7のインストールについては、その1その2その3Netinstall編を参照下さい。

 

 

 まずは、パッケージのダウンロード。

http://nginx.org/en/download.htmlから、nginx-1.7.3.tar.gzを入手します。

f:id:opensourcetech:20140730112747p:plain

 

しかし、最小限インストールではwgetは無いので、

yumでインストールします。

f:id:opensourcetech:20140730112921p:plain

 

yum install wget

f:id:opensourcetech:20140730113044p:plain

 

無事にソースパッケージ取得出来ました。

wget http://nginx.org/download/nginx-1.7.3.tar.gz

f:id:opensourcetech:20140730113135p:plain

 

続いて、ダウンロードファイルの解凍・展開をします。

tar zxvf nginx-1.7.3.tar.gz

f:id:opensourcetech:20140730113237p:plain

 

また、

nginxのインストール及び動作に必要なパッケージもインストールしておきます。

yum install gcc zlib* pcre* openssl*

f:id:opensourcetech:20140730113228p:plain

 

 

続いて、configureスクリプトを実行し。

Linux内の環境調査をした結果をMakefileへ書き出します。

f:id:opensourcetech:20140730113457p:plain

./configure --with-http_ssl_module

なお、SSLモジュールはオプションとなっておりますので、

今回は--with-http_ssl_moduleを追加しています。

f:id:opensourcetech:20140730113518p:plain

 

他のオプションモジュールは、

http://wiki.nginx.org/Modulesでチェック出来ます。

f:id:opensourcetech:20140730113524p:plain

 

作成されたMakefileを念の為、チェック!

f:id:opensourcetech:20140730113935p:plain

 

そして、makeにてコンパイル

f:id:opensourcetech:20140730114000p:plain

 

make installにて、インストールします。

f:id:opensourcetech:20140730114029p:plain

 

/usr/local/nginx/sbin/nginx -Vとすると、

ソフトウェア情報がが確認出来ます。

f:id:opensourcetech:20140730114035p:plain

 

バイナリーや設定ファイル・ドキュメントなどは、

デフォルトでは/usr/local/nginx配下のディレクトリに配置されます。

f:id:opensourcetech:20140730114123p:plain

 

デフォルト設定のまま起動出来そうなので、

さっそくnginxを起動してみます。

/usr/local/nginx/sbin/nginx

また、ps aux | grep nginxとしてプロセスの稼働を確認します。

f:id:opensourcetech:20140730114326p:plain

 

 

あとは、iptables(ファイアーウォール)の設定追加。

iptables -I IN_public_allow 2 -p tcp --dport 80 -m state --state NEW -j ACCEPT

f:id:opensourcetech:20140730114226p:plain

設定追加の確認。

iptables -L --line-numbers

なお、iptablesのルール詳細についてはこちらを参照下さい。

f:id:opensourcetech:20140730114306p:plain

 

 

そして、クライアントのブラウザからアクセスすると、

以下のようにコンテンツ(/usr/local/nginx/html/index.html)が表示されます。

f:id:opensourcetech:20140730114612p:plain

 

また、/usr/local/nginx/sbin/nginx -s stopとすると、

nginxを停止出来ます。

f:id:opensourcetech:20140730114722p:plain

 

 

オープンソース技術 開発研究所

 

 

nginxが試験範囲として含まれているLPICレベル2に興味がある方は、

こちらもどうぞ。

LPICレベル2は取得できる!!

 

 

 

 

 

 

 

footerのテストです