Opensourcetechブログ(ZeusITCamp裏BLOG)

オープンソース技術 開発研究所による主にオープンソースに関するブログです。

CloudStack4.4のインストール その1

 

こんにちは、オープンソース技術 開発研究所鯨井貴博です音譜

 f:id:opensourcetech:20140811122503p:plain

 

今回は、Cloudstack4.4のインストール方法を紹介します。

 

なお、この手順では、Cloudstackを構成するmanagement-server(管理サーバ)、mysql(データベース)、プライマリ・セカンダリストーレジ(NFS)、ホスト(KVM)をvirtualbox上の仮想マシン1台にインストールする形となります。

 

仮想マシンの準備

HDD:250GB

メモリ:8GB

ネットワーク:ブリッジアダプター

OS:CentOS6.5(64ビット) としました。

f:id:opensourcetech:20141022141511p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141518p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141522p:plain

 

②CentOS6.5(64ビット)のインストール

特に変わったところはありませんが、

ソフトウェアの選択にてminimal+ベースシステム(ベース)としています。※お好みで変更下さい。

f:id:opensourcetech:20141022141650p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141657p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141704p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141711p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141718p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141724p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141733p:plain

 

 

③ネットワーク設定の変更

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0にて、

NetworkManagerによるネットワーク設定を行わないよう

NM_CONTROLLED=noに変更します。

f:id:opensourcetech:20141022141747p:plain

f:id:opensourcetech:20141022141919p:plain

 

④ホスト名の設定

hostname --fqdnにてホスト名が返るように、

/etc/hostsに設定を追加します。

今回は、X.X.X.X(IPアドレス) cloudstack.test.localとしています。

f:id:opensourcetech:20141022141956p:plain

 

SELINUX設定の変更

setenforce 0

及び/etc/sysconfig/selinuxにてSELINUX=permissiveと変更します。

f:id:opensourcetech:20141022142118p:plain

 

⑥ntp(時刻同期)の有効化

必要に応じてntpdのインストールを行い、

起動します。

yum install ntpやrpm -q ntpとservice ntpd start。

また、自動起動設定(chkconfig ntpd on)とntpq -pにおける動作確認をします。

f:id:opensourcetech:20141022142205p:plain

f:id:opensourcetech:20141022142306p:plain

 

⑦CloudStack用のレポジトリファイルを/etc/yum.repos.dに作成します。今回は、cloudstack.repoとしました。

[cloudstack]

name=cloudstack

baseurl=http://cloudstack.apt-get .eu/rhel/4.4/

enabled=1

gpgcheck=0

f:id:opensourcetech:20141022142414p:plain

 

NFS(nfs-utils)のインストール

yum install nfs-utils

f:id:opensourcetech:20141022142418p:plain

f:id:opensourcetech:20141022142554p:plain

 

NFSの設定

/etc/exportsを以下のように設定します。

/secondary *(rw,async,no_root_squash,no_subtree_check)

/primary *(rw,async,no_root_squash,no_subtree_check)

 

また、NFS公開ディレクトリとして、/secondaryと/primaryを作成します。

mkdir /secondary

mkdir /primary

それぞれ、プライマリストレージ・セカンダリーストレージとなります。

 f:id:opensourcetech:20141022142602p:plain

 

NFS使用ポートの固定化

NFSではいくつかのポートがランダムで使用される動作をしますので、

iptablesなどの設定を行う為に固定化します。

設定は、/etc/sysconfig/nfsに行います。

RQUOTAD_PORT=875

LOCKD_TCPPORT=32803

LOCKD_UDPPORT=32769

MOUND_PORT=892

STATD_PORT=662

STATD_OUTGOING_PORT=2020

f:id:opensourcetech:20141022142810p:plain

 

iptablesにて、rpcbind及びNFSのポートを許可します。

具体的には、

UDP111、TCP111、TCP2049、UDP32803、TCP32769、TCP892、UDP892、TCP875、UDP875、TCP662、UDP662を許可します。

f:id:opensourcetech:20141022142824p:plain

その後、iptablesを再起動し、追加ルールを有効化します。

service iptables restart

f:id:opensourcetech:20141022143319p:plain

 

⑫rpcbind及びnfsの起動

service rpcbind start

service nfs start

合わせてchkconfig rpcbind on/chkconfig nfs onで自動起動するようにしておきます。

f:id:opensourcetech:20141022143405p:plain

 

少し長くなってきたので、

続きはその2に書きます。

 

オープンソース技術 開発研究所

 f:id:opensourcetech:20140811122503p:plain

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

footerのテストです