Opensourcetechブログ(ZeusITCamp裏BLOG)

オープンソース技術 開発研究所による主にオープンソースに関するブログです。

Zabbixの構築手順・運用方法 とノウハウ

 

こんにちは、オープンソース技術 開発研究所鯨井貴博です音譜

 f:id:opensourcetech:20150701113104j:plain

 

今回は統合監視ツールであるZabbixの環境構築をし、

Zabbix上でLinux(CentOS)の監視を行ってみようと思います。

※ Zabbixの土台にはCentOS6.7(64ビット)を使用しています。

 

apache(httpd)・MySQLのインストール

Zabbixのデータを格納するMySQLとWebブラウザからの操作に対応する為、

apache(httpd)とmysql-serverをインストールします。

yum -y install httpd mysql-server

f:id:opensourcetech:20151026184707p:plain

f:id:opensourcetech:20151026184715p:plain

 

apache(httpd)・MySQLの起動

初期設定のままで構わないので、

apache(httpd)とmysql-serverを起動します。

service httpd start

service mysqld start

f:id:opensourcetech:20151026184723p:plain

f:id:opensourcetech:20151026184727p:plain

 

netstat -tanで起動確認。

TCP80と3306がListenになってます。

f:id:opensourcetech:20151026184754p:plain

 

chkconfigで自動起動設定をしておきます。

chkconfig httpd on

chkconfig mysqld on

chkconfig --list | grep -E "(httpd|mysqld)"

f:id:opensourcetech:20151026184805p:plain

 

 

※おまけ セキュリティの無効化(iptables/SELinux)

iptables -Fsetenforce 0でセキュリティ無効化。

※必要に応じて、各々適切な設定をして下さい。

f:id:opensourcetech:20151026184720p:plain

 

 

③Zabbixのインストール

いよいよZabbixをインストールする為、

まず/etc/yum.repos.dにレポジトリファイルを追加します。

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el6.noarch.rpm

f:id:opensourcetech:20151026184819p:plain

上記rpmにより、zabbix.repoが追加されました。

f:id:opensourcetech:20151026184825p:plain

 

追加したレポジトリを使用して、zabbixをインストールします。

yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql

f:id:opensourcetech:20151026184833p:plain

f:id:opensourcetech:20151026184859p:plain

また、zabbix-agentもインストールしておきます。

yum -y install zabbix-agent

f:id:opensourcetech:20151026184914p:plain

 

④DB(MySQL)の設定

続いて、DB(MySQL)の設定を行います。

具体的にはDBへrootでログインし、

DB名:zabbix、ユーザー名:zabbixを作成します。

mysql -uroot -p(rootでログイン)

f:id:opensourcetech:20151026184922p:plain

create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;(zabbixデータベースの作成)

f:id:opensourcetech:20151026184927p:plain

show databases;(データベース作成の確認)

f:id:opensourcetech:20151026184930p:plain

create user zabbix identified by 'password';(zabbixユーザーの作成)

f:id:opensourcetech:20151026184933p:plain

show databases;

use mysql;(mysqlデータベースの選択)

f:id:opensourcetech:20151026184940p:plain

show tables;(テーブル一覧表示)

f:id:opensourcetech:20151026184945p:plain

select * from user where User = 'zabbix' ¥G;(zabbixユーザーの作成確認)

※「¥」はバックスラッシュです。

f:id:opensourcetech:20151026184951p:plain

grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '';

(zabbixユーザーにzabbixデータベースに対する全ての権限を付与)

f:id:opensourcetech:20151026184958p:plain

quit;(終了)

f:id:opensourcetech:20151026185002p:plain

 

 

⑤Zabbix-serverの設定

zabbixのスキーマなどのデータをインポートします。

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.6/create/

f:id:opensourcetech:20151026185004p:plain

mysql -uroot zabbix < schema.sql

mysql -uroot zabbix < images.sql

mysql -uroot zabbix < data.sql

f:id:opensourcetech:20151026185008p:plain

 

zabbix_server.confにDB(MySQL)接続に必要な情報を設定します。

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBHost=localhost

DBName=zabbix

DBUser=zabbix

DBPassword=

※ご使用の環境に合わせて下さい。

f:id:opensourcetech:20151026185011p:plain

zabbix-serverを起動します。

service zabbix-server start

chkconfig zabbix-server on

f:id:opensourcetech:20151026185014p:plain

 

続いて、/etc/httpd/conf.d内のzabbix.confを編集します。

変更箇所は、以下の通り。

php_value date.timezone Asia/Tokyo

※ご使用環境に合わせて下さい。

f:id:opensourcetech:20151026185017p:plain

f:id:opensourcetech:20151026185020p:plain

apache(httpd)を再起動します。

service httpd restart

f:id:opensourcetech:20151026185024p:plain

 

⑥Zabbixの初期設定

ブラウザよりzabbixへアクセスします。

http://zabbixIPアドレス/zabbix

f:id:opensourcetech:20151027155250p:plain

全ての項目が「OK」となっていれば、「Next」とします。

それ以外の場合、修正を行います。

f:id:opensourcetech:20151026185040p:plain

f:id:opensourcetech:20151026185048p:plain

DB(MySQL)への接続設定を入力し、

「Test connection」を実施し「OK」となれば次へ進みます。

OK以外の場合は、ここまでのいずれかの設定を見直すなどの対応を行います。

f:id:opensourcetech:20151026185057p:plain

Zabbixサーバのホスト名やIPアドレスとポート番号を指定します。

※基本的にはデフォルトのままで大丈夫。

f:id:opensourcetech:20151026185107p:plain

Summaryで各設定の確認をします。

f:id:opensourcetech:20151026185115p:plain

設定が完了すると、

/etc/zabbix/web/zabbix.conf.phpが作成されます。

f:id:opensourcetech:20151026185122p:plain

 

念のため、/etc/zabbix/web/zabbix.conf.phpを確認すると、

以下のようになっていました。

f:id:opensourcetech:20151026185130p:plain

 

⑦Zabbix-serverへのログイン・日本語化

初期設定後、http://zabbix-serverIPアドレス/zabbixへアクセスすると、

ログイン画面が表示されます。

初期設定であるUsername:Admin、Password:zabbixでログインします。

f:id:opensourcetech:20151026185134p:plain

 

ログイン後、インターフェイスは英語で表示されますので、

日本語環境に変更します。

f:id:opensourcetech:20151026185143p:plain

Administration > Users > Adminと辿って、

f:id:opensourcetech:20151026185154p:plain

 

Languageを「Japanese(ja_JP」に変更し、「Update」とします。

f:id:opensourcetech:20151026185159p:plain

f:id:opensourcetech:20151026185206p:plain

 

ブラウザの画面を更新すると、日本語表示に変わります。

f:id:opensourcetech:20151026185211p:plain

 

 

⑧Zabbixによる運用監視

設定 > ホストとたどるとホスト一覧が表示され、

初期状態では「Zabbix server(自分自身)」のみが表示されております

ステータスが「無効」となっているので「有効」にします。

f:id:opensourcetech:20151026185216p:plain

f:id:opensourcetech:20151026185221p:plain

f:id:opensourcetech:20151026185225p:plain

 

しかし、まだzabbix-agentが起動していないので、

エージェントの状態が赤く点灯しています。

f:id:opensourcetech:20151026185237p:plain

 

service zabbix-agent startとすることで、

エージェントの状態は緑に変化します。

f:id:opensourcetech:20151026185301p:plain

 

 

⑨監視ホストの追加

監視ホストを追加する場合、

設定 > ホスト > ホストの作成 において、

ホストタグとテンプレートタグを設定します。

f:id:opensourcetech:20151027164341p:plain

f:id:opensourcetech:20151027163246p:plain

 

また、ホストには③を参照にして、zabbix-agentをインストールし、

zabbix-serverとの通信が出来るように設定・起動すれば完了です。

f:id:opensourcetech:20151027165135p:plain

f:id:opensourcetech:20151026185301p:plain

 

 

おまけ(グラフによる状況確認など)

監視データ > グラフとすれば、

該当ホストにおけるリソース状況が確認出来ます。

f:id:opensourcetech:20151026185308p:plain

 

また、ダッシュボードからは障害等の情報が確認出来、

クリックすることで詳細を確認出来ます。

f:id:opensourcetech:20151027165516p:plain

f:id:opensourcetech:20151027165520p:plain

 

 

 

以上、Zabbixの簡単な使用方法でした。

 

オープンソース技術 開発研究所

 f:id:opensourcetech:20150701113104j:plain

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

footerのテストです