Opensourcetechブログ

オープンソース技研によるLinux・オープンソース・IT技術などに関するブログです。

OpenContrail から Tungsten Fabric へ名称変更!!

 

 

こんにちは、オープンソース技研鯨井貴博です音譜

 

先ほど The Linux Foundationから、

OpenContrailに関する名称変更の発表がありました。

変更後の名称は、Tungsten Fabric

www.linuxfoundation.jp

以下、Google翻訳そのままですが、日本語にしてみました。

ここから-------

OpenContrailは、今や「タングステンファブリック」であり、Linux Foundationに移行する

2018年3月27日 Linux Foundation

タングステンファブリックは、他のLFプロジェクトに加わり、クラウドエコシステム間でオープンソースを拡大する

Linux Foundationは本日、クラウドオープンソースネットワーク仮想化プラットフォームであるOpenContrailがLFへの移行を完了し、その名前をTungsten Fabricに変更したことを発表しました。

以前はジュニパーネットワークスが主催していたタングステンファブリックは、スケーラブルでマルチクラウドなネットワーキングプラットフォームです。ネットワーキングとセキュリティのための単一の制御ポイント、可観測性、および分析機能を提供します。これは、Kubernetes、Mesos、VMware、OpenStackなどの多くのクラウドテクノロジスタックと統合されています。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドAWSやGCEなどのパブリッククラウド展開をサポートしています。タングステンファブリックには、コンテナ、VM、およびベアメタルアプリケーションを接続する高性能vRouter、ネットワークオーバーレイ、スイッチファブリック、ルータゲートウェイを調整するコントローラが含まれています。

このプロジェクトは、OpenContrailとして2013年にジュニパーネットワークスによってオープンソース化されました。タングステンファブリックとして知られるこのプラットフォームは、活気に満ちた開発者とエンドユーザーコミュニティを誇っています。これは、ハイパースケールのクラウドプロバイダーや通信事業者から企業に至るまで、パブリックおよびプライベートのIaaS、CaaS、PaaS環境全体にわたって、大規模なグローバル規模で展開されています。タングステンファブリックの使命は、多様な環境に接続できるネットワークファブリックを提供するユビキタスで使いやすい、スケーラブルで安全なクラウドグレードのSDNスタックを構築することです。貢献者およびコミュニティメンバーには、Aricent、AT&T、Bell、Cavium、CertusNet、CloudOps、CodiLime、Intel、Juniper Networks、Lenovo、Mellanox、Mirantis、Netronome、Orange、SDN Essentials、TechTrueUpおよびYandexが含まれます。

Linux財団の下で中立的なガバナンスを持つタングステンファブリックを作成することができて喜んでいます」とThe Linux FoundationのゼネラルマネジャーであるArpit Joshipura氏は述べています。このセットアップにより、Tungsten Fabricは他のLinux FoundationおよびNetworkingプロジェクトと協力することができます。私たちは、ますます拡大するソフトウェア定義のエコシステム全体でのコラボレーションの拡大を期待しています。

支持する引用

IntelTungsten FabricのLinux Foundationへの移行を歓迎します。タングステンファブリックのオープンソースの歴史とこの動きにより、成長するソフトウェア定義のネットワーキングエコシステムへのより迅速な統合が可能になります」とIntel Data Center GroupおよびCTO Network Platforms GroupのRajesh Gadiyar副社長は述べています。 「このソフトウェアがデータプレーン開発キット(DPDK)のパフォーマンス上の利点を活用し、インテル®AES-NIなどのハードウェアアクセラレーション機能を活用する最適化を提供するために、オープンソースコミュニティとの継続的な協力を期待しています。インテル®QuickAssistテクノロジーは、ネットワーク・サービス、分析、セキュリティ、NFVなどの重要な分野で重要な機能を発揮します。

「このLFへの移行は、ユビキタスネットワークファブリックとしてのタングステンファブリックの進化において重要なステップです」とジュニパーネットワークスの技術と戦略担当副社長Randy Biasは述べています。タングステンファブリックは、オープンソース、マルチクラウド、マルチスタックのネットワークファブリックとして位置付けられており、大規模で実績があり、パブリック、プライベート、VM、コンテナ、ベアメタルのギャップを埋めるユニークな機会を提供します。タングステンファブリックは選択肢を提供し、ベンダーのロックインを排除しながら顧客がネットワークとセキュリティの涅槃を達成するのを支援することに全力を注いでいます。

AT&Tのドメイン2.0アーキテクチャー&デザイン担当シニアバイスプレジデント、クリス・ライス氏は、次のように述べています。「タングステン・ファブリックプラットフォームの継続的な共同作業が期待されています。 "我々は、この革新がより大きな革新を促進すると期待しており、タングステンファブリックのオープンネットワークへの取り組みをサポートしています。

タングステンファブリックの詳細については、https://tungsten.ioをご覧ください。

Linux Foundationについて

Linux Foundationは、世界のトップデベロッパーや企業が、オープンテクノロジーの開発と業界の採用を促進するエコシステムを構築するための選択組織です。世界中のオープンソースコミュニティと共に、歴史上最大の共有テクノロジー投資を創出して、最も困難な技術問題を解決しています。 2000年に設立されたLinux Foundationは、今日、いずれかの企業が達成できない経済的影響をもたらす、オープンソースプロジェクトを拡張するツール、トレーニング、イベントを提供しています。詳細は、www.linuxfoundation.orgを参照してください。

###

-------ここまで

 

 

 

昨年12月中旬の段階で、

OpenContrailがLinux Foundationに移行される事は伝えられていましたが、

移行完了に伴い名称も変更されたとのことです。

 

 

Tungsten Fabricについては、以下リンクを参照下さい。

tungstenfabric.io

github.com

twitter.com

 

*2018/4/19追記

以下でのLFへの移管、名称変更等について語られています。

OpenContrailからTungsten Fabricへ。Juniperの責任者に聞いたその背景とは? | Think IT(シンクイット)

 

 

 

余談ですが、タングステンって原子番号74番の元素とのこと。

f:id:opensourcetech:20180328122430p:plain

http://www.gadgety.net/shin/trivia/ptable/

 

「W」で表されるのは、ドイツ語などの言葉に起因しているみたいです。

タングステン - Wikipedia

 

以上です!!

 

 

オープンソース技研

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai