Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるLinux・オープンソース・IT技術などに関するブログです。

Zabbix 4.0 LTS でSVGグラフ(ダッシュボードの変更)を使う


 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 

今回は、Zabbix 4.0 LTSで追加された ダッシュボード ウィジェットSVG Graph)を使ってみます。

https://support.zabbix.com/browse/ZBXNEXT-4588

https://www.zabbix.com/documentation/4.0/manual/introduction/whatsnew400

 

 

グラフ化するデータ

以下の2記事で設定した温度・湿度・照度・輝度をSVGグラフにします。

zabbix_senderでRaspberry PiのセンサーデータをZabbix Serverへ送信する(1) - Opensourcetechブログ

zabbix_senderでRaspberry PiのセンサーデータをZabbix Serverへ送信する(2) - Opensourcetechブログ

 

 

ウィジェットの追加

ダッシュボードの右上にある「ダッシュボードの変更」をクリックします。

f:id:opensourcetech:20190420201639p:plain

 

続いて、ウィジェットの追加をクリックします。

f:id:opensourcetech:20190420201825p:plain

 

ウィジェットの追加が表示されます。

f:id:opensourcetech:20190420201959p:plain

 

タイプを「グラフ」に変更します。

f:id:opensourcetech:20190420202305p:plain

 

「ホストパターン」と「アイテムパターン」を選択し、追加をクリックします。

f:id:opensourcetech:20190420202607p:plain

f:id:opensourcetech:20190420202635p:plain

 

すると、ダッシュボードにSVGグラフが追加されます。

従来のグラフに比べると綺麗だし、マウスポインターを持っていくとその時間におけるデータも表示されて便利です。

これ、いいですね!

f:id:opensourcetech:20190420202938p:plain

 

 

おまけ

今回みたいに数値の範囲に違いがあるデータを1つのグラフにすると、

以下のように730℃とか ものすごい温度表示になってしまいますw

f:id:opensourcetech:20190420203208p:plain

 

なので、以下のように分けてウィジェットを追加した方がみやすいかもしれません。

※複数のデバイスから同じデータ(温度など)を1つのグラフにまとめるのはありと思います。

f:id:opensourcetech:20190420204212p:plain

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

zabbix_senderでRaspberry PiのセンサーデータをZabbix Serverへ送信する(2)

 

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 

今回は、以下の記事の続編として光センサーの照度・輝度、およびデジタル温湿度センサーの湿度データを同様にデータ送信します。

opensourcetech.hatenablog.jp

 

なお、光センサーの照度・輝度、およびデジタル温湿度センサーについては、

以下で構築済みのものを使用しています。

光センサーBH1750FVI(GY-30)で明るさを測定する - Opensourcetechブログ

Raspberry Pi(zero)にデジタル温湿度センサー DHT11を接続し、温度&湿度を測定する! - Opensourcetechブログ

 

 

 

光センサーBH1750FVI(GY-30)の照度・輝度

以下のPythonコードをベースに、照度と輝度を送信するためのPythonを作成します。

RaspberryPi/bh1750fvi.py at master · kujiraitakahiro/RaspberryPi · GitHub

 

照度用Python

https://github.com/kujiraitakahiro/RaspberryPi/blob/master/bh1750fvi_zabbix_lux.py

pi@raspberrypi:~ $ cat bh1750fvi_zabbix_lux.py
#!/usr/bin/python3

import smbus

Bus = smbus.SMBus(1)
Addr = 0x23
LxRead = Bus.read_i2c_block_data(Addr,0x11)
print(str(LxRead[1]* 10))

 

 輝度用Python

https://github.com/kujiraitakahiro/RaspberryPi/blob/master/bh1750fvi_zabbix_brightness.py

pi@raspberrypi:~ $ cat bh1750fvi_zabbix_brightness.py
#!/usr/bin/python3

import smbus

Bus = smbus.SMBus(1)
Addr = 0x23
LxRead2 = Bus.read_i2c_block_data(Addr,0x10)
print(str*1

 

 

DHT11の湿度

こちらも、以下をベースに湿度データのみを取得するShell Scriptを作成します。

RaspberryPi/DHT11.sh at master · kujiraitakahiro/RaspberryPi · GitHub

 

湿度用Shell Script

RaspberryPi/humidity.sh at master · kujiraitakahiro/RaspberryPi · GitHub

pi@raspberrypi:~ $ cat /home/pi/humidity.sh
#!/bin/bash
cat /sys/bus/iio/devices/iio\:device0/in_humidityrelative_input
sleep 1
cat /sys/bus/iio/devices/iio\:device0/in_humidityrelative_input
sleep 1
cat /sys/bus/iio/devices/iio\:device0/in_humidityrelative_input
sleep 1
value=`cat /sys/bus/iio/devices/iio\:device0/in_humidityrelative_input | sed -r "s/000$/ /g"`
if [ $value -gt 0 ];
then
zabbix_sender -z 192.168.11.6 -s "RaspberryPizeroW" -k humidity -o $value
else
echo "failed"
fi

 

 

Zabbix Serverへのデータ送信

 crontabを使って、毎分データ送信を行います。

pi@raspberrypi:~ $ crontab -l
# Edit this file to introduce tasks to be run by cron.
#
# Each task to run has to be defined through a single line
# indicating with different fields when the task will be run
# and what command to run for the task
#
# To define the time you can provide concrete values for
# minute (m), hour (h), day of month (dom), month (mon),
# and day of week (dow) or use '*' in these fields (for 'any').#
# Notice that tasks will be started based on the cron's system
# daemon's notion of time and timezones.
#
# Output of the crontab jobs (including errors) is sent through
# email to the user the crontab file belongs to (unless redirected).
#
# For example, you can run a backup of all your user accounts
# at 5 a.m every week with:
# 0 5 * * 1 tar -zcf /var/backups/home.tgz /home/
#
# For more information see the manual pages of crontab(5) and cron(8)
#
# m h dom mon dow command
MAILTO=""
*/1 * * * * zabbix_sender -z 192.168.11.6 -s "RaspberryPizeroW" -k temperature -o `/home/pi/temp_for_zabbix.sh`
*/1 * * * * /home/pi/humidity.sh
*/1 * * * * zabbix_sender -z 192.168.11.6 -s "RaspberryPizeroW" -k lux -o `/home/pi/bh1750fvi_zabbix_lux.py`
*/1 * * * * zabbix_sender -z 192.168.11.6 -s "RaspberryPizeroW" -k brightness -o `/home/pi/bh1750fvi_zabbix_brightness.py`

 

 

Zabbix Server側の準備

Zabbix Server側では、照度・輝度・湿度の3つのアイテムを追加します。

 

照度用アイテム

f:id:opensourcetech:20190420195616p:plain

 

輝度用アイテム

f:id:opensourcetech:20190420195652p:plain

 

湿度用アイテム

f:id:opensourcetech:20190420195544p:plain

 

アイテムの追加が完了すると、前回記事で作成した温度と合わせると4つのアイテムが登録されました。

f:id:opensourcetech:20190420195740p:plain

 

あとは右側にある「グラフ」をクリックすると、以下のように変化を確認できます。

f:id:opensourcetech:20190420200023p:plain

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

*1:LxRead2[0] * 256 + LxRead2[1]) / 1.2

Neo4j on GCP(Google Cloud Platform)を試してみた!

 

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 

先日 Google Cloud Next '19にて、Google Cloudと統合されたNeo4jを提供するとのアナウンスがありました。

https://neo4j.com/emil/whats-next-for-graphs-neo4j-google-cloud/

https://neo4j.com/news/neo4j-google-cloud-strategic-partnership/?ref=blog-emil

 

 

ということで、

早速使ってみようと思います!

 

 

 

Orbitera Accountの作成

以下から、Orbitera Accountを作成します。

アカウントを持ってる方は、Sign inします。

https://neo4j.orbitera.com/c2m/trials/signup?testDrive=1135&goto=%2Fc2m%2Ftrial%2F1135&ref=pr-#

f:id:opensourcetech:20190417230246p:plain

f:id:opensourcetech:20190417230304p:plain

 

Createとした後、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、

メール本文にあるURLからアカウント作成を完了します。

 

 

Neo4jの起動

作成したアカウントでログイン後、

RESTART TRIALからNeo4jを起動します。

f:id:opensourcetech:20190417232111p:plain

 

なお、起動には4分程度かかるので完了するまで待ちましょう。

f:id:opensourcetech:20190417232209p:plain

 

起動すると、以下のようにトライアルの残り時間とRest APIでアクセスするURL・認証情報が表示されるのでブラウザからアクセスします。

※STOPをクリックすると、終了します。

f:id:opensourcetech:20190417234421p:plain

 

 

Neo4jの操作

ブラウザでアクセス後、グラフデータベースへ接続します。

※参考:https://neo4j.com/docs/operations-manual/current/configuration/ports/

f:id:opensourcetech:20190417234707p:plain

 

アクセスできました。

f:id:opensourcetech:20190417235005p:plain

 

左側のDatabase Informationをクリックすると、既にサンプルデータが用意されていることがわかります。

f:id:opensourcetech:20190417235048p:plain

 

OSをクリックすると、以下のようにグラフが表示されます。

f:id:opensourcetech:20190417235143p:plain

 

「MATCH (n:Actor) RETURN n LIMIT 1000」としてみると、

俳優情報が返ってきます。

※300が上限になっているようです。

f:id:opensourcetech:20190417235254p:plain

 

なお、「MATCH (n) RETURN n」として全てを表示させようとするとフリーズするので注意が必要です。

f:id:opensourcetech:20190417235543p:plain

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai